ペット可、庭付き、2LDK | DogsByNature

ペット可、庭付き、2LDK

Wrote:10.22.2006
カテゴリー:ロンドン回想録


ロンドン市内は、家賃が高い、とても高い。

田舎から出てきた人、お金のない学生、外国人、これらの類の人は、部屋だけを

間借りしたり、友達とフラットシェア(イギリスではマンションアパートのこと

をフラットという)をするのが一般的だ。

中心部に近く、こぎれいな所で、6畳ぐらいの広さであれば、大体週90ポンド。

日本円で月約78,000円だ。 他人と台所、バスルーム共用してこの値段。

ロンドンで暮らし始めて、しばらくすると、私が犬を扱う仕事していることが口コ

ミで広がっていた。そして、時折、犬を預かってほしいと頼まれることがあった。

その頃、私はイタリア系ブラジル人のご家庭の一室を間借りしていたため、

ご要望に応じることができなかった。

しかし、ドッグトレーニング修行もライフスタイルも安定し、そろそろ引っ越してもよい

かな、という時期だったので、

ペット可、庭付き、シェア可という物件を探し始めた。

イギリスというと、動物愛護の先進国で、犬と家の中で住んでいることがあたりまえの

イメージがある。ところが、賃貸住宅の条件はあまり日本と変わらない。基本的にペット

可というところは少ないのである。

不動産屋に問い合わせても、可能性はきわめて低い。

ところが、住んでいるところから歩いて10分。つまり、ロンドン中心部に

近いZONE2というエリアに、見つけちゃったのだ。

ペット可、庭付き、2LDK、シェア可。ミューズハウス。

昔、交通手段が馬だった頃、馬小屋として使われていた長屋をミューズと言うらしい。車社会になって以来、その長屋を改装して住むことが、若者の間でウケ、今ではミューズハウスっていうと、コじゃれた一軒家、というイメージがある。

余談だが、ロンドンでいまだにミューズハウスを馬小屋に使用している人たちはいな
いわけではない。バッキンガム宮殿のお方々。納得?

そこのお家の中はフローリングでこぎれいではあったが、台所が学生寮のように全く

もって質素で、清掃が行き届いていなかった。けど、月26万円。

到底一人で支払っていける金額ではない。

この状態なら、ちょっと高すぎるんじゃぁ、と思いつつも何せ、この住宅事情のロンド

ンだ。長屋といえど、庭付きの家を借上げることなんざ、夢のまた夢。

しかし、ロンドンZONE2で庭付き賃貸物件が、そう簡単に見つかるわけがない。

あきらめるわけには行かなかった。

当然、最初からその条件が広告にでていたわけではない。

大家さんは、若い美容整形外科医でとっても気さく。

私が大工仕事が好きだと話すと、「好きにしていいよ」だって。

そりゃそうだ。ただで、壁のペンキを塗りなおすだの、キッチンの扉をつけかえるだの、

床張りなおすだの、メンテナンスしてあげるっていってるんだもの。

それから、会話の中で、こちらの要望を切り出していったというわけ。

また、親日家だったことも助けとなって、めでたく交渉成立。

契約にこぎつくことができた、というわけです。めでたしめでたし

PS サービスっていう点では、何かと日本の方が進んでいますね。

例えば、ペット共生住宅って、ニーズをとらえたすごい商品。

日本人って、やっぱり、きちんとしてるって感じます。

大家さんと直接交渉したり、口コミ情報でペット可になりうるにもかかわらず、

ペット可という条件で広告をださない、あるいは、必要がないのか・・・。

ちなみに、交渉後、ペット可となった場合、保証金を2倍支払うことが条件になることが

多いようですよ。